中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究

信州英語プロジェクトについて

  • HOME »
  • 信州英語プロジェクトについて

プロジェクトのコンセプト

―「中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」とは

中・高等学校における英語教育の抜本的改善のため、先進的な指導方法・体制、ICT教材・指導資料作成等の実証研究を実施する事業です。委託先として、大学等3機関が選ばれています。

【信州英語プロジェクトの目的】

信州大学が長野県教育委員会及び軽井沢町教育委員会と連携をとり、本事業を計画しました。本事業は、次期学習指導要領の目標案、国の指標形式の目標案及びCEFRを共通参照枠として、言語活動の高度化を図った「CAN-DOリスト」形式の学習到達目標を作成し、その目標に基づき、先進的指導方法を実践し、評価方法を開発・実施し、成果を科学的に検証します。さらに、データに基づく好事例を公表することにより、次期学習指導要領の改訂に向けた英語教育の抜本的改善に資することを目的とします。

組織図

代表法人

法人名 国立大学法人信州大学
理事長名 濱田 州博
学校名 信州大学
所在地 松本市旭3丁目1番1号

事業責任者

職名 教授
氏名 酒井 英樹

事務担当

職名 主査
氏名 大山 繁

 

年計画

平成29年度の年計画

平成29年度の拠点校共通の重点研究テーマを、「話すことに関する先進的実践と検証(1年目)」「書くことに関する評価方法の研究・授業改善」とし、以下のことに取り組む。

拠点校として、新規に木島平村立木島平中学校を追加して研究を推進。

① 初年度に検討した、話すことに関する先進的実践の実施(指導方法開発実践チーム)

平成28年度に収集した「CAN-DOリスト」形式の学習到達目標(4技能)を、次期学習指導要領の領域別の目標及びCEFR等を共通参照枠として改善し、「話すことに関する先進的実践の研究と指導計画」を作成する。また、その計画に基づいて、実践に取り組む。

② 話すことに関するパフォーマンス評価の実施及び分析(評価方法開発検証チーム)

平成28年度に実施したパフォーマンス評価のデータ分析を実施する。また、初年度に検討した、話すことのパフォーマンス評価方法を、平成29年度も実施する。平成28年度と平成29年度の結果に基づきながら、①で取り組む先進的実践を検証する。

③ 多面的な成果評価方法の実施及び分析(評価方法開発検証チーム)

平成28年度に実施した質問紙票調査の結果を詳細に分析する。また、初年度に検討・実施した、言語についての知識・理解、コミュニケーションを図ろうとする態度等を評価する方法を、平成29年度も実施する。平成28年度と平成29年度の結果に基づきながら、①で取り組む先進的実践を検証する。

④ 外部資格・検定試験の実施(評価方法開発検証チーム)

中学3年生全員と高等学校2年生全員に対して、GTEC for Students(4技能型)を実施する。平成28年度と平成29年度の結果に基づきながら、①で取り組む先進的実践を検証する。

⑤ 書くことに関するパフォーマンス評価の研究(評価方法開発検証チーム)

「CAN-Doリスト」形式で技能ごとに設定した学習到達目標に基づいて、書くことに関するパフォーマンス評価のタスクを開発、実施、検討を行う。また、評価に関する研修を実施し、教員やALTのパフォーマンス評価力の向上を行う。評価に関する研修は、ビデオ撮影を行い、e-Learning の教材化を行う。

⑥ 書くことに関する先進的実践の研修と指導計画の作成(指導方法開発実践チーム)

書くことに焦点を置いた授業の記録・分析や、先進的な指導方法(言語活動の高度化、タブレット端末の活用、ティーム・ティーチングの工夫など)に関する研修を通して、書くことの指導方法を研究する。平成30年度のために、年間指導計画、単元計画、授業計画を見直す。なお、先進的な指導方法に関する研修は、ビデオ撮影を行い、e-Learning の教材化を行う。

 

教職員専用

カテゴリー

Copyright © 信州英語プロジェクト All right reserved