中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究

信州英語プロジェクトについて

  • HOME »
  • 信州英語プロジェクトについて

プロジェクトのコンセプト

―「中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」とは

中・高等学校における英語教育の抜本的改善のため、先進的な指導方法・体制、ICT教材・指導資料作成等の実証研究を実施する事業です。委託先として、大学等3機関が選ばれています。

【信州英語プロジェクトの目的】

信州大学が長野県教育委員会及び軽井沢町教育委員会と連携をとり、本事業を計画しました。本事業は、次期学習指導要領の目標案、国の指標形式の目標案及びCEFRを共通参照枠として、言語活動の高度化を図った「CAN-DOリスト」形式の学習到達目標を作成し、その目標に基づき、先進的指導方法を実践し、評価方法を開発・実施し、成果を科学的に検証します。さらに、データに基づく好事例を公表することにより、次期学習指導要領の改訂に向けた英語教育の抜本的改善に資することを目的とします。

組織図

代表法人

法人名 国立大学法人信州大学
理事長名 濱田 州博
学校名 信州大学
所在地 松本市旭3丁目1番1号

事業責任者

職名 教授
氏名 酒井 英樹

事務担当

職名 主査
氏名 大山 繁

 

年計画

平成30年度の年計画

平成30年度の拠点校共通の重点研究テーマを、「書くことに関する先進的実践と検証(1年目)」「話すことに関する評価方法の研究・授業改善(2年目)」「読むことに関する評価方法の研究・授業改善」とし、以下のことに取り組む。

① 平成29年度に検討した、書くことに関する先進的実践の実施(1年目)(指導方法開発実践チーム)

平成29年度で実施した「書くことに関する先進的実践の研究と指導計画の作成」に基づいて、平成30年度は実践に取り組む。

拠点校共通事項として、先進的実践の検証にあたっては、「即興的に書く言語活動」と「聞いたり読んだりしたことについて自分の考えなどを書く言語活動」を増加させ、ライティング力と、書くことに関する自己評価の点から、その効果を検証する。具体的には、長野県の中学校においては、家庭学習として「一人一ページ課題」が出されることが多いので、家庭学習において自分の考えや気持ち、情報を書く活動を取り入れる。また、授業で読んだ内容についての感想を、家庭学習として「一人一ページ課題」の中で書かせる活動を取り入れる。平成29年度までの成果と課題を踏まえて、集中的かつ長期的に行うことと、実施する時期をずらすことにより、実践したクラスとそうでないクラスの比較が可能になるようにする。

書くことに関する実践に関して、ALT等とのティーム・ティーチングの成果を検証するために、信州大学教育学部附属松本中学校においては、ALT等とのティーム・ティーチングを週2回程度行うことを目指して、その効果を前年度と比較する。ティーム・ティーチングでは、書くことを実際のコミュニケーションを行う活動(言語活動)とするために、(1) 伝えるために書くという目的を設定すること、(2) 生徒の書いたものをALTが英語でコメントすることによって書くことによる交流を増やし、ALTに読んでもらい、伝えたいことが伝わったという実感を与えること、(3) ALTによるインプット(読むことと聞くこと)を増やすことを実施する。その結果、書く力や書くことの自己評価に加えて、英語学習への学習動機やコミュニケーションをしようとする意欲等を向上させることをねらう。

書くことによる実践に関して、ICT等との活用の成果を検証するために、信州大学教育学部附属長野中学校においては、ICT機器(タブレット端末)の活用をより継続的に行うことにより、前年度と比較することによって、その成果を検証する。具体的な活用方法としては、(1) 生徒が書いたものを蓄積して、自己評価及びポートフォリオ評価を行う、(2) 生徒が書いたものをスキャンして、実践タブレット端末に入れることで、クラスで共有を図る、(3) タブレット端末を用いて調べ学習を行い、その内容を書いて伝えあう活動を行う、などの指導を行う。ライティング力及び書くことの自己評価だけでなく、ICTを用いて英語に触れる機会を増やし、英語に対する好意を向上させることをねらう。

② 書くことに関するパフォーマンス評価の実施及び分析(1年目)(評価方法開発検証チーム)

平成29年度に検討・実施した、書くことのパフォーマンス評価方法を、平成30年度も実施する。平成29年度と平成30年度の結果に基づきながら、①で取り組む先進的実践を検証する。

③ 初年度に検討した、話すことに関する先進的実践の実施(2年目)(指導方法開発実践チーム)

平成29年度で実施した「話すことに関する先進的実践の研究と指導計画の作成」に基づいて、平成29年度に引き続き、平成30年度も実践に取り組む。

話すことの先進的実践について、軽井沢町立軽井沢中学校、信州大学教育学部附属長野中学校、信州大学教育学部附属松本中学校においては、引き続き実践の改善を試みる。その際、平成29年度までの課題を踏まえて、(1) 教員間での共有を図る、(2) 集中的かつ長期的に実践を図ることを行う。平成29年度までの実践では、リスニング力に向上が現れやすいことが示されている。そこで、リスニング力に加えて、スピーキング力およびこれらの自己評価において成果を上げることをねらう。

平成29年度より拠点校となった木島平村立木島平中学校においては、主体的・対話的で深い学びを実現するペア・ワーク及びグループ・ワークの効果を検証するために、木島平村立木島平中学校において、話すこと[やり取り]と話すこと[発表]の活動を集中的に行い、その成果を前年度と比較することにより、検証を行う。また、経時的なデータ収集を行い、学力等の伸びを検証する。

授業改善があまり進んでいない高等学校においては、領域別の学習到達目標を改善することによって、話すことを中心にして、指導方法及び評価方法の改善を図る。具体的には、(1) 学習到達目標に応じた単元計画及び授業計画を立てる、(2) 学習到達目標に応じた評価方法を取り入れる。

④ 話すことに関するパフォーマンス評価の実施及び分析(2年目)(評価方法開発検証チーム)

初年度に検討した、話すことのパフォーマンス評価方法を、平成29年度に引き続き、平成30年度も実施する。平成28年度、29年度、30年度の結果に基づきながら、③で取り組む先進的実践を検証する。

⑤ 多面的な成果評価方法の実施及び分析(評価方法開発検証チーム)

初年度に検討・実施した、言語についての知識・理解、コミュニケーションを図ろうとする態度等を評価する方法を、平成29年度に引き続き、平成30年度も実施する。平成28年度、平成29年度、平成30年度の結果に基づきながら、①及び③で取り組む先進的実践を検証する。

⑥ 外部資格・検定試験の実施(評価方法開発検証チーム)

中学3年生全員と高等学校2年生全員に対して、GTEC for Students (4技能型)を実施する。平成28年度、平成29年度、平成30年度の結果に基づきながら、①及び③で取り組む先進的実践を検証する。

このことに加えて、学年当初にGTEC for Students を実施することにより、当該学年の経時的な分析を可能となるようにする(木島平村立木島平中学校で実施予定)。

⑦ 読むことに関する評価の研究(評価方法開発検証チーム)

「CAN-DOリスト」形式で技能ごとに設定した学習到達目標に基づいて、読むことに関する評価のタスクを開発、実施、検討を行う。また、評価に関する研修を実施し、教員やALTの評価タスク作成力の向上を行う。評価に関する研修は、ビデオ撮影を行い、e-Learning の教材化を行う。

⑧ 読むことに関する先進的実践の研究と指導計画の作成(指導方法開発実践チーム)

読むことに焦点を置いた授業の記録・分析や、先進的な指導方法(言語活動の高度化、タブレット端末の活用、ティーム・ティーチングの工夫など)に関する研修を通して、読むことの指導方法を研究する。平成31年度のために、年間指導計画、単元計画、授業計画を見直す。なお、先進的な指導方法に関する研修は、ビデオ撮影を行い、e-Learning の教材化を行う。

⑨ 平成30年度は、中間評価の場として、中間報告会を開催する。

 

Copyright © 信州英語プロジェクト All right reserved